病原菌、腐敗菌、悪玉菌を減らすために行われている方法

野菜栽培方法と通販のご案内−OH!Life家庭菜園[直前に見ていたページに戻る]/http://hatake.oh-fish.com/
OH!Life家庭菜園特集>悪玉菌を減らす

悪玉菌を減らす

 「土壌消毒」という言葉がある。
 実際の農業の現場では広く取り入れられている。
 土の中の悪い菌を減らすために、薬を撒いたり、日光に当てたり、土を深く耕して通気を良くするなどの方法がとられている。

薬(農薬)を撒く

 悪玉菌を減らすために使われる薬(農作物に使われるとき「農薬」と呼ばれる)は、同時に人や家畜、環境などに悪影響を及ぼす恐れがあるため、農薬取締法や食品衛生法で規制を受け、使用してよい種類の農薬と使用してよい量が定められている。
 農薬の使用と健康に関するテーマは、マスコミでも頻繁に取り上げられてるので誰でも関心の深い部分ではあるが、しばしば農薬のリスクを誇張しすぎるところがあるので、気をつけなければならない。
 現代の農業で、農薬の使用なしに安定した野菜の供給をすることは不可能で、それを恐れすぎていては食べる物がなくなってしまう。
 野菜の栽培に生活がかかっている農家にとって、「春先の土壌消毒を行わなかったから、ほとんど採れなかったから残念」では済まされない。
 農家にしてみれば、農薬を使うリスクよりも使わないリスクの方が遥かに高い。

 しかしながら、そのリスクに正面から向き合って努力している農家がいることは事実だ。
 従来の農薬を使った農法も併用しながら、健康野菜の栽培面積を少しずつ増やしている農家も多い。

家庭菜園を行う目的は、「楽しめること」そして「美味しく、健康に良い野菜を食べること」だと思う。
その点でいえは、農薬の使用は論外だ。
いつのまにか本来の目的を忘れ、収穫を増やすことに専念してしまう場合があるので、本来の目的を忘れてはならない。
もし、僅かでもリスクのある農薬を使って家庭菜園を行うならば、スーパーで買ってきた野菜を食べた方が遥かに安く、時間もかからない。
特に「土壌消毒」のために一度でも薬を使ってしまった場合、その薬の成分は何年も土の中に残り、また、悪玉菌ばかりでなく有用菌も同時に殺してしまう。

薬を使っても土の中の悪玉菌を全滅させることは出来ない。
必ず生き残るものがいる。それらは使われた薬に対する耐性(免疫)を身につけて繁殖し、次回は更に強力な、または別の種類の薬でないと退治できなくなる。

上に戻る↑

「プランター」の人気ランキング

「種子」の人気ランキング

「資材」の人気ランキング

「用土」の人気ランキング

「肥料」の人気ランキング

「用具・工具」の人気ランキング

野菜栽培方法と通販のご案内/[直前に見ていたページに戻る]
姉妹サイト:海水魚飼育のコツや通販のご案内−OH!Fish水族館 カクレクマノミの飼育
釣り情報と通販のご案内 OH!Fish釣り情報館
Copyright(C)2007-2015 Kazupapa All Rights Reserved