プランターで出来るナスの栽培方法

野菜栽培方法と通販のご案内−OH!Life家庭菜園[直前に見ていたページに戻る]/http://hatake.oh-fish.com/
OH!Life家庭菜園プランターにおすすめの野菜>プランターでのナス栽培

プランターで出来るナスの栽培方法のご紹介です。

プランターで出来る野菜栽培

OH!Life家庭菜園

サイトマップ

家庭菜園を始めよう!
プランターで出来る野菜栽培
プランターの種類
プランターの土
プランターの置き場所
プランターの水やり
プランターにおすすめの野菜
  プランターでのいちご栽培
  プランターでの小カブ栽培
  プランターでの小松菜栽培
  プランターでのラディッシュ栽培
  プランターでのキュウリ栽培
  プランターでのトマト(ミニトマト)栽培
  プランターでのナス栽培
  プランターでのピーマン栽培

野菜栽培の基礎知識
野菜に適した土の性質
野菜の株間


プランターでのナス栽培

ナス科

夏野菜の代表。
実をつける夏野菜の中で最も作りやすいものの一つ。
地方によって色々な形、味のものがある。

栽培の時期

種まき温度管理が難しいなど、良い苗にするまでが大変なので、苗を購入して育てましょう。
定植5月中旬〜5月下旬(苗)
できれば接ぎ木した苗のほうが病気に強い。
収穫6月下旬〜9月上旬
一本の苗で夏と秋の二度の収穫期があるものが多いが、プランターでの栽培では秋の収穫はあまり期待できない。

プランターの種類

根が深くたくさんはるので、少しでも大きめのプランターを用意したい。
長さ65cm位のプランターなら深型タイプで2株植えられる。

ナス栽培の土

基本用土の赤玉土(小粒)腐葉土を半々に窒素、リン酸、カリをバランス良く含んだ肥料を少なめに混ぜたものの他、
野菜栽培用の土が利用できる。

ワンポイント

極力日当たりの良い場所で育てる。

1株に1本1m以上の長さ支柱を立てる。

倒れないように、所々を支柱にひもでゆるくしばる。

根が多くはり、水切れに弱いので、土の乾きに注意して水やりを多くする。

三本仕立て
幹(主枝)から葉が出ている付け根のところから、わき芽が出てくる。
一番最初に咲いた花の下二つのわき芽だけをのばして、それ以外のわき芽は全て摘み取ってしまう。
これによって、主枝と側枝二本の三本仕立てになり、良い実が出来やすくなる。

花で健康状態を診ることが出来る。
雌しべの先が雄しべの中から飛び出しているのが良い状態。雌しべが雄しべに包まれて見えないものは、肥料が少ない、水が足りない、日当たりが悪いなどなので思い当たるものを改善する。

最初の実が出来てきたら、追肥する。固形肥料を根元から少し離れたところに置き肥するとよい。
その後の追肥は花の状態を観察しながら、20〜25日間隔で行う。

最初の実は出来るだけ早く収穫し、その後の実も大きくなりすぎると硬くて品質が悪くなるので早めに収穫する。

収穫は、手ではもぎとりにくく、株を傷めてしまうのでハサミを使おう。

スポンサーリンク

「プランター」の人気ランキング

「種子」の人気ランキング

「資材」の人気ランキング

「用土」の人気ランキング

「肥料」の人気ランキング

「用具・工具」の人気ランキング

上に戻る↑
野菜栽培方法と通販のご案内/[直前に見ていたページに戻る]
姉妹サイト:海水魚飼育のコツや通販のご案内−OH!Fish水族館 カクレクマノミの飼育
釣り情報と通販のご案内 OH!Fish釣り情報館
Copyright(C)2007-2015 Kazupapa All Rights Reserved